火・木・金・土・日の21時にブログを更新しています😊

不倫女に慰謝料請求をする意味があるのです。

慰謝料請求

カウンセラーさんの中には

「相手女性に慰謝料請求をすることは勧めません」とおっしゃる方がいます。

妻も、
「お金が欲しいわけじゃないから、会わないと約束してくれるだけでいいんです」
と考える方も多いのではないでしょうか?

私もそう考えていました。

だったら慰謝料請求をする意味ないじゃん、と思いますよね。

でも仮に、
不倫女に慰謝料請求をせず、
「もう会いません」という念書だけ取った場合を考えてみてください。

「これでもう2人は会わないだろう」
「念書にハンコ押したんだから、さすがに懲りたでしょう」

とあなたは安心するかもしれません。

しかし残念ながら多くの場合、その場しのぎの約束にすぎません。

不倫女は

「とにかくその場を納めたい」
「彼が払ってくれるから大丈夫」
「あなたの夫が誘ってきたんだから私は関係ない」
「言い訳なんか後でいくらでも出来るし」

と腹の中で舌を出しています。

不倫女の悪どさ、図々しさ、厚かましさは
私たちの想像を絶するものだということを頭に入れておく必要があります。

念書を1枚書かせたぐらいでは、現実、不倫に歯止めは効かないのです。

ではどうしたらよいのでしょう?

子供を叱るときに
「言うことを聞きなさい!」と言ってお尻を叩いたりしますね。

言葉だけでは理解ができないから、
痛い目に合わせて初めて悪いことをやめるからです。

「悪いことをしたら、痛い目に合う」ということを理解させるためですね。

それと同じで、

「このバカ2人は、痛い目に合わないと不倫をやめるわけがない。」
「不倫はリスキーなことだ、と思わせる必要がある。」

と、妻はあらかじめ想定をしておくことが大事です。

そして、その痛いことの一つが
慰謝料請求なのです。

私が慰謝料請求をオススメする理由です。

コメント