火・木・金・土・日の21時にブログを更新しています😊

不倫脳にはこれがセットでついてくるから、簡単に見逃さない、許さないこと

ご相談実例から
Image by BenteBoe from Pixabay

「あのバカ2人で私の悪口を言ってるんです、ショックです…」
「不倫夫が生活費を入れてくれなくなったんです…」
「家事が出来てないとか、頭悪いねバカじゃないの?って毎日言われて辛すぎます…」

このように

不倫というのは
ただただ恋愛ごっこをしているだけだ、

と考えている方も少なくありません

ですから

不倫はもちろん良くないけど
少しぐらいの遊びは許してあげなさいよ

こういうご意見も
よく耳に入ってきます。

しかし
一つ気に留めていただきたいのは

不倫というのは
あのバカ2人がお花畑で遊んでいるだけではない、ということです

これがとても重要なポイントなのです

不倫というのは

少なくとも「良い行いではない」
みんなわかっています。

妻には内緒で実行することからも明らかです

ですから
不倫を成立させるためには

むりくり
なんらかの理由を作らなくてはいけません

【〜だから不倫をした】
という大義名分を作る必要があるのです

そこで
バカ夫がパッと考えつくのが

「妻が悪かったから不倫をした」

という内容です

これが通れば

【自分が悪かったわけではない】
【仕方なかったんだ】

ということになりますよね

ですから
ただただ
あのバカ2人がお花畑にいるだけではなく

それを実行するために

妻に対しての嫌がらせが
必ずセットでついてくるのです

妻に対して執拗にNGを出したり
不倫女と一緒に妻を見下すようなことを話していたり

こういうことは

ごくごく普通に考えて
自分の家族に対してやるようなことではありませんので
一般的には想像がつかない方もいるでしょう

こういう事情を
知らない方も少なくない、ということです

例えば
不倫問題について語る人を見ていると

「好き」
「嫌い」

というような

恋愛感情がどうこう、
という話に終始する場合も少なくないですし

【恋愛感情をどうにかすれば元の夫婦に戻れる】

このようなアドバイスが飛んでくることもあります

しかし
相談者さんはむしろ

恋愛感情がどうこう
というよりも

「あのバカ2人からの嫌がらせ」
に疲れ果ててしまっている方も少なくないのです

では
どうすればこの状態から脱出できるでしょう?

あのバカ2人からの嫌がらせが発生する原因は

「不倫を正当化したいから」

という
くだらない理由にすぎません

ですから

不倫を見逃すとか
不倫を許すとか

こういうことをやる前に
先にやるべきことがあります

それは

「不倫をしているバカ2人に鉄槌を下すこと」

です

一つ気をつけたいのは

「復讐」とか
「仕返し」とか
「敵討ち」とは違う、ということです

理由は

あのバカ2人と同じ土俵に立ってはいけないからです

あくまでも
同じ土俵には立たずに

簡単に見逃さず簡単に許さず、
やってはいけないことをした人に「ダメです」としっかり言う

ことです

「見逃す、許す」をしてもいいのは
あなたが納得できる時だけです

頑張りましょう😊

コメント