火・木・金・土・日の20時にブログを更新しています😊無料電話相談(15分/30分)の受付は1月31日までです。ご希望の方はお早めに!

弁護士はあなたのことを考えて動いてくれていますか?     和解と判決の話〜

弁護士

夫の不倫の対処をしていると、
弁護士さんと接点を持つ機会も多いかと思います。

夫や不倫女への慰謝料請求、夫からの離婚請求の対応など、
法律の専門家に頼らざるを得ないことが色々と出てきます。

知り合いに弁護士さんがいれば、その方に相談する場合もあるでしょうし、
ツテがない場合でも、法テラスなどの機関を利用することもあるでしょう。

いずれにせよ、
相性の合う弁護士を探すのは本当に大変で時間もかかります。

仮に、
時間をかけて弁護士ジプシーをして、
相性の良い弁護士を見つけて道筋がついたとします。
そこで一息ついたとしても、またそこからが大変です😅

あなたと弁護士の意見が完全に一致していれば、
二人三脚で協力体制を作って相手側と戦うことが出来ますよね。

しかし、なかなかそう上手くいかないのも現実です💦

弁護士も仕事ですから、
あなたとの契約を取りたいという気持ちもあるでしょうし、
多少考えが違った場合でも譲歩して、
あなたの裁判だから、
あなたのことを考えて話を進めていこう、という気持ちはもちろんあるはずです。

例えば、VS不倫女慰謝料請求裁判の場合、
弁護士はあなたの話や気持ちをヒアリングして、打ち合わせをして、
ようやく訴状を送って裁判開始となりますが、
そういう場合、割と早い段階で出てくるのが「和解」の話です。

普段から裁判所と馴染みのある方は少ないと思いますので、
「和解」や「判決」と言われても
どういう風に違うの?と迷ってしまうことでしょう。

検索すると色々とヒットしますが、
簡単に言いますと、

<和解>とは、
あなたと不倫女、お互いが条件を出しながら、
譲歩しつつ解決に導いていく方法です。

どちらが良い悪い、という判断は最小限に、
お互いが譲歩出来るような条件を擦り合わせましょう、ということ。

それと反対に<判決>は
「善悪や白黒をはっきりさせる」という意味合いが強いです。

どちらの方法もそれぞれ意味があるのですが、問題はその選び方です。

弁護士の意見にあなたが納得していれば問題ないのですが、そうでない場合は大変です。
意見の相違が出た場合、あなたは不倫女だけではなく、
あなたの味方であるはずの弁護士とも戦わなくてはならなくなります。
これはレアケースではなく、比較的よくある話です。

一概には言えませんが、多くの場合、弁護士から和解を勧められます。

和解がオススメの理由は色々あるのですが、
VS不倫女慰謝料請求の場合、代表的なものは、

「和解の方が相手側も納得しているので、支払いがスムーズだから」

というような内容が多いのです。

確かに慰謝料の回収はとても大事なことです。
相手に何らかのペナルティを課さないと、
また悪いことを繰り返してしまうからです。

しかし、その1点のみのメリットで即和解を容認してもいいのかどうか、
よく考えてみる必要があります。

もちろん弁護士はあなたの気持ちを考えているはずですが、
あなたのことだけではなく、裁判官の都合も考えている、ということまで
頭の隅に少しだけ置いておく必要があります。
また、弁護士の仕事は、

”あなたの精神的苦痛を出来るだけ多くのお金に変えること”
が使命です。

和解か判決か、
こういう局面は、みなさん相当迷われるポイントです。

こういう時、
お金の問題なのか、それとも気持ちの問題なのか、
おそらくほとんどの方は頭を混乱させながら必死で考えているはずなのですが、
納得のいく結果にならない方も数多くいます。

弁護士の意見だけではなく、
私たちのようなカウンセラーにもぜひ相談してみてくださいね。

コメント

タイトルとURLをコピーしました