火・木・金・土・日の20時にブログを更新しています😊無料電話相談(15分/30分)の受付は1月31日までです。ご希望の方はお早めに!

器の大きい妻とは何か、これを勘違いしちゃいけないんです

妻の気持ち
Image by lecreusois from Pixabay

浮気をされても
不倫をされても
嫌味を言われても

やっぱり夫が好きなんです
( ; ; )

という妻は少なくありません。

もちろん
自分の夫ですから
いつまでたっても嫌いなままでは
あなたの生活自体が
つまらないものになりますから
そのように考える気持ちは
よくわかりますし、

家族間の空気が悪くなることは
お子さんの成長にも
大きく影響することですよね。

そういう
さまざまな事情も加味した上で
まだ夫のことが好きだ
と言っている妻もあれば

「無条件で」
やっぱり夫のことが好きだ
と思っている妻も多いことでしょう。

こういう妻を見て、

「ひどいことする夫だけど、
それを許せて
それでもまだ好きなんて、
本当に妻として器が大きいよね。」

と思っている人もいるはずです。

しかし
浮気されて
不倫されて
しかも嫌味まで言われているのなら、

そういう相手を嫌いになるのは
ごくごく当たり前のことなのです。

あなたは
家族のことを思い

自分さえ我慢すれば
すべて丸く収まる

と考えて
我慢していませんか?

しかし
このまま我慢し続けてはいけないのです。

本当は腹立たしいはずなのに
それを我慢してはいけないのです。

というのは
相手に理不尽なことをされていて腹が立つ、
という気持ちを押し殺していると

あなたがいつか爆発する可能性がある、
ということです。

あなたの我慢が
何年か後に爆発することを考えれば、
今のうちに消化しておいたほうが
いいじゃないかということなのです。

例えば
不倫夫が介護状態になってしまったとします。

あなたは苦労して
不倫夫を介護することになるでしょう。

そんなとき不倫夫が
あなたと間違えて
不倫女の名前を呼んだとします。

そんな時、
介護している不倫夫の首を絞めたくなるのは
ごくごく当たり前の感情なのです。

6年ほど前になりますが、
実際にこのような事件が起こっています。

36年前の不倫、介護中怒り 夫を暴行死
「夫の不倫を思い出して不満がこみあげ、暴力に及んだ」

https://mamastar.jp/bbs/comment.do?topicId=2439935(朝日新聞デジタルから)

こういうことが起こるのを
未然に防ぐことが必要なのです。

不倫夫が
浮気しても
嫌味を言っても
それでも
なんでも許して

「それでも好き」

と言えることが
器の大きい妻ではないのです。

不倫夫に

「悪いことは悪い」

きちんとケジメをつけたあと

例えば
一生チクチク文句を言わないとか
夫が不倫したことに未練なく
潔くさっぱりした態度でいる妻でいることが

本当の

「器が大きい妻」

と言えるはずです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました