火・木・金・土・日の20時にブログを更新しています😊無料電話相談(15分/30分)の受付は1月31日までです。ご希望の方はお早めに!

不倫夫あるある【Case 4 / 不倫夫のくせに子供たちの面倒は見てくれる】

不倫夫

不倫している夫が
よく発言する

あるあるの言葉や行動は
ある程度パターン化されています。

理由は分かりませんが

日本に限らず
世界中で

不倫夫は
同じ言動をしてしまうのです
(^_^;)

不倫夫の言葉を聞いて
辛い思いをしているあなたと
同じタイミングで

他の国のどこかでも
よく似た不倫夫の言葉で
辛い思いをしている妻は
大勢いるはずです。

このような

「不倫夫あるある言動」

を知っておくと

バカ夫からの攻撃が来たとしても

「これ、ど定番のセリフだ」

というように

心の準備が出来ますので
少しはダメージを減らせるはずです。

当たり前のことですが

妻は
不倫している夫に
理不尽さを感じています。

長い間信頼して
一緒に家庭を作ってきたのに

裏切られてからは
夫への信用が失墜しただけでなく

酷い目に遭わされた、
という怒りが湧くのと同時に
悲しみも襲ってきます。

しかし
不倫している夫は
妻へ

「離婚する」

などと日々暴言を吐いているにも関わらず

※お子さんたちのケアをちゃんとやっている
※洗濯掃除などの家事をたまにはやってくれる

というような

妻からすれば理解不能な行動がよくあるのです。

Gerd AltmannによるPixabayからの画像

「不倫夫だけど、たまには掃除洗濯してくれる」
「不倫夫だけど、子供たちの面倒は見てくれる」

だから

《理不尽だけど、大目に見よう》

という意識が働く方もいらっしゃると思います。

しかし
これらを一緒くたにするのではなくて、
しっかり線引きをする必要があります。

「家のことを手伝ってくれる」から
「不倫をしてもいい」

とはならないのです。

もっとシンプルに考えてみるならば

家のことを手伝ってくれれば
手伝ってくれたことに対して
ありがとう、と感謝をする。

不倫をしているのなら
ダメですよ
と注意をする。

たったそれだけのことであって

「手伝い」と「不倫」を一緒に考えてはいけないのです。

そういう切り分けが出来てくれば
頭の中の整理も出来てくるはずです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました