火・木・金・土・日の20時にブログを更新しています😊無料電話相談(15分/30分)の受付は1月31日までです。ご希望の方はお早めに!

夫の不倫で悩むにしても、ひとりの考えには限界がある

相談者ネットワーク
Image by tomphgallery from Pixabay

夫が不倫しているようだ。

でも
こんなこと
恥ずかしくて
誰にも相談できない😭

妻は
このように

ひとりで悩んで
考え込んでしまいます。

なぜそうなってしまうのかというと、

✔️不倫されたダメな妻って思われるかもしれない。
✔️相談したいけど、不倫女とのラインの会話が気持ち悪くて説明できないから、他の人に話すのはムリ。
✔️お父さんがよその女の人と妙な関係になってるなんて、とてもじゃないけど子供たちには話せない。

このような理由です。

たしかに
夫の不祥事なんて
出来れば誰にも話したくありません。

ましてや
問題の性質上
夫の性的なことまで
人に話す必要が出てくることもありますから
無理もありません。

しかし

「ひとりの考えには限界がある」

のです。

Image by Robin Higgins from Pixabay

先日
「裁判官の爆笑お言葉集」
(長嶺 超輝/著 — 幻冬舎)
という本を読みました。

ほとんどがシリアスな内容だったので、
全く爆笑なんて出来ませんでしたが
(^_^;)

その中に

無理心中を図って娘を絞殺した被告人の母親に対し
有罪判決が出た話が掲載されていました。
(1997年東京地裁 大谷剛彦裁判長)

その判決の言い渡しの時

裁判官が被告人の母親に
言葉をかけています。
(説諭)

ひとりの考えには限界があるから
今後はひとりで悩むより
自分の弱みを見せて
人の力を借りるという生き方を考えてください

この被告人の母親もきっと
誰にも相談できず
一人で悩み続け

限界を迎えて
無理心中を図ってしまったのでしょう。

しかし、
絞殺された娘さんのことを考えれば

なぜ誰かに一言相談をしなかったのか、、、

とても悔やまれます。

Image by anncapictures from Pixabay

人に相談するというのは
とても勇気のいることです。

裁判官の言うように

「自分の弱みを見せなくてはならないから」ですね。


私も夫の不倫問題に悩んでいたころは、

恥ずかしいという気持ちや
弱いところを見せたくないと

つまらないプライドが邪魔をして
なかなか人に相談が出来ませんでした。


でも
人生の一大事なのですから
つまらないプライドなんてものは一旦捨てて

相談できそうなところに
まずは飛び込んでみることです。

飛び込んだ先には
同じ苦しみを経験した人がいます。

同じ苦しみを経験した人の話は
きっとあなたを助けることでしょう。

絶望してしまう前に
なりふり構わず
誰かに助けを求めてくださいね。

コメント

タイトルとURLをコピーしました