火・木・金・土・日の20時にブログを更新しています😊無料電話相談(15分/30分)の受付は1月31日までです。ご希望の方はお早めに!

【長野県議、夫婦間でトラブルか】 

最近のニュースから
Image by Andrys Stienstra from Pixabay

【長野県議、夫婦間でトラブルか】 

こんばんは
勝山です

今日は早朝からワールドカップスペイン戦で盛り上がっていましたね。

にわかサッカーファンの私ですから、さすがに早朝からリアル観戦は出来ませんでしたが、2度目の奇跡が起こりました。

森保監督は「強い気持ちで」と試合前に選手たちに話していたそうですが、私たちも同じように「強い気持ちで」家族のため、自分の納得のために不倫問題に取り組んでいきましょう。

奇跡が起こることを信じて😊

さて
今週の注目記事はこちらです

妻以外の女性と交際…殺害容疑の長野県議、夫婦間でトラブルか
 妻を殺害した疑いで30日に送検された長野県議の男を巡って新たな情報です。男は別の女性と交際していて、この女性を巡って妻とトラブルになっていたということです。  去年9月に妻の希美さん(当時47)を殺害した疑いで逮捕された長野県議会議員・丸山大輔容疑者(48)。新たに、警察が犯行の動機との関連を捜査する情報が入ってき...

「やっぱりこれだよね、、、」と思った方もいらっしゃるのでは?

私たちのような不倫夫を持つ妻たちが、今週最も気になった報道でしょう。

同時に「怖くなってきた、どうしよう、、、」と怯えてしまうような、そんなニュースでもあります。

今回の事件の詳しい内容はまだはっきりとはわかりませんが、

報道を見る限りでは

※長野県議会議員・丸山大輔容疑者が妻の希美さんを殺害した疑いがある。
※殺害の動機は丸山容疑者の女性関係によるもの、という疑いがある。

ということです。

これが真実だとしたら

丸山容疑者は
「不倫をしているうちに妻が邪魔になった」
ということになるのでしょう。

「不倫は男女の痴話喧嘩にすぎない」
「男女の痴話喧嘩を公共の電波を使って報道するな」
などと考えている人たちには
心から反省をしていただきたい気持ちです。

バカ夫だって最初は
軽い気持ちだったかもしれません。

しかしどんどん
歯止めが効かなくなり

それがエスカレートしていくことで
このような悲劇を生んでしまいます。

自分の思い通りにならないから
パートナーを殺してしまうというのは

傲慢で幼稚な発想でしかありません

人としてなぜこんなことができるのか、
私には理解できません。

また
下記の記事によりますと

今回の事件の第一発見者は
小学生(当時)のお子さんだといわれています。

丸山大輔(長野県議)の子供2人の年齢や家族構成!息子は現在どうしてる? | Wish News
2022年11月28日に、長野県議会議員の丸山大輔(48)さんが殺人の疑いで逮捕されました。 丸山大輔県議は、2021年9月29日に塩尻市にある自宅兼事務所の笑亀酒造で妻の希美(当時47)さんを殺人で亡くされていました。 しかし、事件は丸山

パートナーの不倫が原因で
自宅で亡くなってしまった方の第一発見者がお子さんだった、ということは

けっしてレアケースではありません。

バカ夫は

「バレなきゃいい」
とか
「浮気ぐらい大したことないだろう」

という気持ちかもしれませんが

場合によっては
お子さんに多大なショックを与えてしまいます

もちろん
バカ夫自身の仕事にも悪影響を及ぼします

いいことなんて一つもあるわけないのです

不倫はどのような理由があろうと
やってはいけないことだと

世界中の人に
理解してほしいと切に願います。

希美さんのご冥福をお祈りいたします。

コメント

タイトルとURLをコピーしました