火・木・金・土・日の21時にブログを更新しています😊

不倫女からの喧嘩を買う?買わない?

不倫女性
Image by inna mykytas from Pixabay

「不倫女からいきなりラインが来て 『離婚して』だって。失礼よね。」
「私と同じバッグを持ってたのよ、気持ち悪い。」
「私の得意料理と同じものを夫に作ってたのよ。対抗意識でもあるのかしら。」

このように

あなたからすれば

【アウトオブ眼中】
【全く関心がなかった】
【気にもかけていない】

そんな存在だった不倫女が

《なぜか対抗意識を燃やしてくる、、、》

そんなふうに感じてしまうことがあるはずです。

妻からすれば

見るのも聞くのも気持ち悪い、としか言いようのない不倫女ですが

なぜか向こうから勝手に

「対抗意識を燃やしてくる」
「マウントを取ってくる」

このような態度を見せてくることも少なくありません。

これは一体
どういう意味でしょう?

不倫夫と同じように

不倫女の頭の中を見ることはできません。

ですから

一体何を考えているのかは
究極的にはわかりませんが

不倫女の
「行動」
からわかることは

「あなたが何も知らないうちに不倫女に喧嘩を売られている」

ということです。

ですから

その売られた喧嘩を
あなたがどうするか、

これをしっかりと
考えていく必要があるんですね。

では

「売られた喧嘩をどうするか」

考えてみましょう。

結論から言いますと

あなたがその喧嘩を買う必要はありません。

悪いことをしている人から
嫌がらせされたり
マウントを取られたとしても

そもそも
あなたは何も悪くないのですから

対応する必要すらないのです。

ただし

「シカトする」

というのはいけません。

なぜかというと

「悪いことをする人を放置してしまう」ことになるからです。

例えば
警察が

泥棒を捕まえないとか
詐欺師を逮捕しなかったりすれば

悪事が蔓延してしまいますよね
(^_^;)

それと同じように

あなたが
不倫女を放置していたら
不倫が蔓延してしまいます。

この場合の「蔓延」というのは
不倫を平気で続ける、ということですね。

だれかが止めなければ

泥棒や詐欺師がやりたい放題になって
みんなが困ります。

あのバカ2人の不倫だって

誰かが止めなければ
いつまでも続きます。

そして
警察は

必ず犯人を捕まえるために

逃げられても逃げられても
諦めずに何度もトライします。

同じように

不倫バカ2人も
必死になって逃げることもあります。

でもあなたは
警察と同じように

諦めずに
何度もトライして
しっかりケジメをつけることです。

不倫女の喧嘩を買うかどうか、
そこを気にするというよりも

ケジメをつけることを最優先でやっていきましょう。

コメント