火・木・金・土・日の20時にブログを更新しています😊無料電話相談(15分/30分)の受付は1月31日までです。ご希望の方はお早めに!

色々な夫婦の形があって当たり前

夫婦

夫の不倫が発覚して、

「こんなひどい父親、うちだけだわ」
「よそのお宅が羨ましい、なぜこんなことになってしまったの」

と、友人やママ友の家庭とついつい比較してしまいます。

では

「普通の家庭、一般的な夫婦ってどんなの?」

と聞かれてあなたはどう答えますか?

とても答えにくい質問だと思います。


数年前に見たドキュメンタリー映画の中で、
長男(40台後半)が父親の事をこう言っていました。

「父親はいなかったね。朝起きたらもう仕事に行ってて、
仕事から帰るのは私がもう寝てからだったから。」
「父親は登山が好きだから、休日も全く家にいなかったし、
顔はほとんど見なかった」

と子ども時代を振り返っていました。

また
樹木希林・内田裕也も長年別居していましたが
それでも夫婦でしたね。

理想の夫婦像、理想の家族像があるにも関わらず
まったくそれとはかけ離れているのが現実です。

別居していても
年に数回しか家に帰らなくても
愛だのなんだのという気持ちがなくても

戸籍が一緒ならば夫婦です。

夫婦・家族が必ずしもベッタリ一緒にいるわけではない。
けれど、それは決して特殊な事ではない。

「普通」の範囲を広げて考えると、
一つ一つの家族の違いに
良し悪しはないと思えるはずです。

どれ一つ同じ夫婦がないように、
夫婦の数だけ色々な形があります。

コメント

タイトルとURLをコピーしました