火・木・金・土・日の20時にブログを更新しています😊無料電話相談(15分/30分)の受付は1月31日までです。ご希望の方はお早めに!

離婚と修復って対義語じゃない??

離婚

夫の不倫で、


弁護士に相談すると

「修復なんてしてたら時間が勿体ないよ、私なら離婚を選びますけどね」

両親や友人に相談すると、

「あんなひどいことする夫と修復なんて無理だと思うよ、離婚した方がいいよ」

カウンセラーのブログを読むと

「離婚したくない気持ちはとても良くわかります。
もっともっとあなたの優しさをアピールして、
旦那さんとの修復目指して頑張りましょう!」

というように

「離婚」と「修復」

が対義語のように使われることがよくあります。

修復というのは
「修繕して元通りに戻す」ことですが、
「修復」というと、
あなたはどんなイメージを持ちますか?

「元のように夫と仲良くなること」
「以前のように家族みんなが愛情を持って家庭を築くこと」
このようなイメージを持たれる方が多いんじゃないでしょうか。

でも、
私には大きな違和感がありました。

「元通り?そんなこと本当に出来るのかな?」と。

不倫している夫を、発覚前と同じ気持ちで見られますか?
あなたを裏切って、
不倫女に洗脳されて、
家族をないがしろにしている情けない夫を
以前のように好きになれますか?

自分の気持ちに正直に考えると

「そりゃ無理、、、」ですよね(^_^;)

この現実をしっかり見据えると、
「修復」なんて言葉は、
机上の空論にすぎないと思えるわけです。

以前と同じ夫として見られない、
それだけでも「修復」なんて不可能だと思いませんか?
現実的に不可能なことをやろうと思うから辛くなっていませんか?

でも

「修復できなければ離婚するしかないじゃない!」

と思うかもしれません。

しかし、
夫の勝手な行動で離婚することに
自分が納得出来なければ、
修復するというよりも、

離婚しなければいいんです。


元の
” 平和ボケ夫婦 ”
” 夫に依存している妻 ” に戻るなんてありえない、
と思いませんか?

離婚するかどうか、
決定権はあなたにあるというだけです。

「あなたが離婚するかしないか」

それだけのことなんです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました