火・木・金・土・日の21時にブログを更新しています😊

不倫夫あるある【Case 25 / 兵糧攻めしてくる】

不倫夫

なぜあるあるネタを書くのか

不倫している夫が
よく発言する
あるあるの言葉や行動は

ある程度パターン化されています。

理由は分かりませんが

日本に限らず
世界中で

不倫夫は
同じ言動をしてしまうのです
(^_^;)

不倫夫の言葉を聞いて
辛い思いをしているあなたと
同じタイミングで

他の国のどこかでも

よく似た不倫夫の言葉で
辛い思いをしている妻は
大勢いるはずです。

このような

「不倫夫あるある言動」

を知っておくと

バカ夫からの攻撃が来たとしても

「これ、ど定番のセリフだ」

というように
心の準備が出来ますので

少しはダメージを減らせるはずです。

具体例

「今まで私がお金の管理をしていたのに、急に自分でやると言われました」
「来月から生活費はこの金額にするからと言われて少なくなりました」
「通帳とクレカを渡せと言われました」

不倫しているバカ夫が
妻やお子さんの生活費をケチってくることは
少なくありません

しかしこれは
あなたのバカ夫だけではないのです

おそらく
あなたの想像を超えるぐらい
大勢の方がこのような被害に遭っています

例えば
あなたが離婚に応じないなどして
抵抗をすると

兵糧攻めで攻撃してくることは
実は日常茶飯事なのです

今バタバタしても
混乱するだけです

まずは
自分を落ち着けるところから始めましょう

まずは何をすべきか

考えられる理由は
離婚目的での嫌がらせで、

その根本原因は
不倫女、です

不倫している夫については
このようにシンプルな理由だと考えても
差し支えありません

まずは
落ち着いて

兵糧攻めをしてくるバカ夫が
なぜこんなことをするのか
理由を突き詰めて考える、というよりは

早々に
兵糧攻め対策を考えることです

自分で対策を練ることが一番効果的な方法

ここでは

「兵糧攻め」

と表現をしていますが

一般的に

「経済的DV」

と言われている内容と同じです

「経済的DV」とはいったいどういうことか
ホームページやSNSで調べてみるのもいいでしょう。

バカ夫の兵糧攻めから
あなたとお子さんを守るために
色々な知識を身につけて

バカ夫に応戦できるような準備を
着々としていきましょう

対策の一つとして
例えば

婚姻費用調停をいつでも申し立てられるような準備です

通帳のコピーを取っておく
クレカの出費の内容を把握しておく
夫の収入を証明するものを準備しておく
何があったのかを詳細にメモしておく
家庭裁判所や無料弁護士相談に行って話だけでも聞いておく

「払ってください」
と言って話が通じるような相手ではありません

あのバカ2人がお花畑にいる間は
まともに話し合いが出来ません

あなたが自分で対策を練ることが
一番現実的で効果的な方法です

一人で進めようとしないでタッグを組んで!

不倫の場合は
バカ夫が兵糧攻めをする理由がハッキリしています。

※女にお金が回ってしまい、生活費が捻出できなくなる
※妻子に言えない内容の出費をしている

ですから

不倫女とのケジメをつけることと
バカ夫からの兵糧攻めの両方に対応する必要があります

一人でやり遂げることは
とても大変ですから

※家族の一大事としてお子さんたちと協力する
※信頼できる人とタッグを組んで進めていく
※役所や法的措置も最大限利用する

そして

私のようなカウンセラーにも
ぜひ頼っていただければと思います

頑張りましょうね😊

コメント