火・木・金・土・日の21時にブログを更新しています😊

サレ妻もサレ夫もやるべきことは同じ

ご相談実例から

「サレ妻さんとサレ夫さんで不倫解決の方法は変わりますか?」
「男性も相談できるんでしょうか?」
「サレ夫さんとサレ妻さんの違いはありますか?」

このようなご質問を
いただくこともあります

ここ最近
サレ夫さんからのご相談も増えてきました。

不倫に対するハードルが低くなったのか、

妻の不倫で悩んでいるサレ夫さんも少なくありませんので

男女の性差はなくなってきた感触があります。

ですから

「女性だから、、、」
「男性だから、、、」

というような線引きは

昔に比べれば
少なくなってきた実感があります

このブログは

私が女性ですから
女性からの視点で書いたものもたくさんあるのですが

普段の話し言葉なんかを表現するならば

「パートナーが私の話を聞いてくれないんです」

というよりも

「夫が私の話を聞いてくれないんです」

こういう表現を使った方が
しっくりくる場合もありますし

これは男女関係ないよね、
と考える内容については

「パートナーが、、」

という表現を使うこともあります

いずれにせよ

男女差、というものが
昔よりは減っているのでしょう

良い方向に進んでいる気もしますね

さて

不倫問題の解決法は

サレ妻さん
サレ夫さん
それぞれ違うのか、ということですが

基本的には
どちらも
やるべきことは同じです

というのも

電話でお話ししていると

「離婚するのは辛い」
「離婚したくない」
「子供たちにどう話せばいいのか」
「不倫女に対して納得ができない」
「間男に対して納得ができない」

このような気持ちを
吐露しながら
みなさんお話されます

辛い気持ち
悲しい気持ち
納得できない気持ちは全く同じです

男女の性差は関係ありません

それゆえ

不倫問題の解決方法にも
性差はなく

妻だから
夫だから
女だから
男だから、といって

違うことをするわけではないのです

私のブログをお読みの方なら
すでにおわかりかと思いますが

不倫女
間男

に対して

まずケジメをつけたあと

不倫夫
不倫妻に

「不倫をしてはいけません」と表明して

きちんと
罪の償いをさせる

どちらも
筋道は同じです

コメント