火・木・金・土・日の20時にブログを更新しています😊無料電話相談(15分/30分)の受付は1月31日までです。ご希望の方はお早めに!

離婚か修復かを比較して選ぶ、という思い込みを捨てる

離婚

夫が不倫したことが昨日わかった

あるいは
夫が長期間不倫していてやめる気配がない

あるいは
夫は不倫をやめたようだがモヤモヤが止まらない

など

夫の不倫と一口でいっても
さまざまな状況があります。

そして
どの状況においても

「離婚」
「修復」

どちらを選べばいいのか、、、。

このように
選択を迫られている妻は少なくありません。

夫の不倫というのは
妻への裏切り行為ですから

離婚か修復か
という発想が出てくるのも
無理はありません。

Image by Press 👍👍 Love you 💖 from Pixabay

離婚とは
夫婦が生存中に法律上の婚姻関係を解消すること。

修復とは
破綻をきたした関係を元通りに戻すこと。

辞書にはこのように書いてあるのですが、
本来はこのような単純なものではなく

離婚は
「離婚届を出したら離婚」
「離婚届を出すまでは夫婦」

修復は
「不倫した夫を以前と同じように見ることは出来ないので不可能」

というのが現実でしょう。

そう考えると、

✔️紙切れ1枚出すか出さないか
✔️不倫した夫とは不可能な修復


どちらにしようと
比較して選ぶなんて、
どだい無理なことを
あなたは毎日考えて
悩んでいるのです。

Photo by Sasha Freemind on Unsplash

あなたが考えるべきことは

離婚にしようか
修復にしようか
ではなくて

「妻として今何をするべきか」

を考えることの方が先ですし、
まず行動をしてみるのです。


その行動をした先に、

不倫夫のことを心底嫌いになれば
紙切れ一枚
出しに行けばいいだけの話ですし

不倫夫が真摯な態度であなたに接してきて
許せる気持ちが出てきたならば

修復ではなく
新しい夫婦の形を作る、と
あなたが決心すればいいだけの話なのです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました