火・木・金・土・日の20時にブログを更新しています😊無料電話相談(15分/30分)の受付は1月31日までです。ご希望の方はお早めに!

不倫解決の過程では、思い描いた筋書き通りに進まないのは想定内

妻の気持ち
Photo by Nong V on Unsplash

不倫女に慰謝料請求して
もう会いませんと約束してたのに
ぜんぜん別れてないじゃない💢

不倫バカ夫に
「あの女とはもう会わないで」
とちゃんと話をしたのに
また会ってたのよ💢

とてもよくある話です。

そうなると
妻としては

「約束が反故にされた」
「あのバカ2人に舐められている」

このように
あのバカ2人に対する怒りや
自分の無力さが
情けなくなったりして

いったいどうすればいいの、、と
途方に暮れてしまうでしょう

しかし

妻が不倫夫や不倫女に
何かしらのアクションをしたあとも
平気で接触を続けることは

完全に

「想定内」

なのです。

不倫解決の途中であなたは

「きっとこうすれば不倫をやめてくれる」

このように
色々な作戦を
考えているはずです。

例えば

ネット上で色々な解決策を探したり
カウンセラーや探偵、弁護士に相談したり
身近な人に相談したり

というようなことですね。

そういうとき
見落としがちなのが

「あなたに都合のいいストーリーをついつい思い描いてしまう」ことです。

なぜかというと

あなたががっかりしてしまう理由は

「ストーリー通りに進まなかった」

からなんです。

Ron PorterによるPixabay

リモコンのスイッチを押したら

テレビがつきます

スイッチを押したら
必ず電源が入るのが普通です。

もし電源が入らないと

「おかしい」
「故障してるんじゃないの?」

とイライラしますよね
(^_^;)

思い描いていた予想と
逆の現実が来てしまったとしたら

怒ったり
悲しんだり
腹を立てたりしてしまいますよね。

機械なら
そういう感覚で
問題ないのですが

不倫問題の解決は
人間が相手です

あなたが
スイッチを押しても
必ずしも電源が入るわけじゃない。

むしろ

あなたがスイッチを押したとしても
どうなるのかなんて
予想もつかないし
さっぱりわからないのです。

不倫問題の解決は

「やってみなければ答えが出ない」

そういうものの典型です。

たとえば
「不倫女の上司にいいつけてやれば凹むに違いない」とか
「慰謝料請求すれば、あのバカ2人が別れるはず」というように

結果を期待して
物事を進めるのではなく

「私はあのバカ2人を放置することに納得出来ない」
「私はあのバカ2人の不法行為の罪をきちんと償わせたい」

というような

「あなたがどうしたいか」

そこが一番重要なポイントです。

逆にいうと

「不倫女に会うなんて言ったら夫が逆ギレするに違いない」
「何かしらアクションしたら、夫婦の溝が出来てしまうに違いない」

本当にこのような結果になるのかどうか
これだって
「やってみなければわからない」のです。

ですから
あなたがどうしたいかを考えて
行動して
出た結果に対して
その都度対処していく

こういう考え方で
進めていくのだと
一旦頭を切り替えてみましょう。

コメント

タイトルとURLをコピーしました