火・木・金・土・日の21時にブログを更新しています😊

「これ夫に言えないよね、、、」で夫依存から脱出する

妻の気持ち
UnsplashKristina Flour
夫の様子がおかしい
?
カバン・財布・スマホを探ってみたら
?
どうやら不倫をしているようだ

あるいは

ある日偶然
スマホの画面が見えて

メールの内容がわかってしまった、、、

夫の不倫の発覚の仕方は
千差万別ですが

たいていの場合

※怪しいと思っていたら不倫していた
※偶然不倫をしているとわかった

そうなるとまずは

夫に事実を確認しよう。
きっと正直に答えてくれるはず。
だって私は妻なんだもの。

というような
思考になる方は
珍しくありません。

夫とあなたは一心同体

このような感覚は
みなさん持っていますし

いままで
夫婦のことは2人で
一緒に考えてきたし
一緒に決めてきたから、
ですよね。

でも今は違います。

立場上
見かけ上

夫ではありますが

あなたの味方である夫、とは違います。

不倫夫なのですから
少し見方を変えなくてはいけないのです。

でもいきなり今日から
夫の見方を変えるなんて

そんなの無理です。

こんな声が聞こえてきそうです
(^_^;)

では一体
どうすれば良いのでしょう?

夫の不倫を解決していく過程で
色々とやらなくてはいけないことが出てきます。

みなさんお一人お一人違いはありますが

よくある例でいうと

※証拠を取る
※弁護士さんに相談する
※友人や実両親に助けを求める
※お子さんに父親の不倫の話をちゃんとする
※不倫女に慰謝料請求をする

このように

結構な難題であるとか
ハードルの高い行動を
地道に遂行していくことが必要になるのですが、

この例に挙げた内容は

すべて

「夫に相談する内容ではない」

ということです。

当たり前と言えば
当たり前のことですが

最初はなかなか
これに気づきにくいのです。

私もこれに気づくのに
時間がかかりました
(^_^;)

その証拠に

「不倫女に慰謝料請求する時は、夫の許可を取らなくてはいけないのでしょうか?」

このような相談者さんからの質問は少なくないからです。

夫が不倫をしている場合は

夫と一緒に解決する、
というスタンスではなく

むしろ

「夫に気づかれないように、着々と進めていく」

こういうスタンスに
変更しなくてはいけません。

わかりやすい例で言えば

「証拠を取る」

ですよね。

もうお分かりかと思いますが

「明日あなたの行動調査を入れてもいいでしょうか?」

なんて夫に言う人はいませんね
(^_^;)

私が夫依存から脱出したきっかけは

探偵の調査を入れる時に

「これ夫に言えないよね」

と当たり前のことに
気づいたからです。

そして
夫依存を脱出して

良いことはあれど
悪いことは一つもありませんでした。

例えば

なんでも夫に聞いて
許可だとか
OKを取っていた頃もありましたが

そういうときの

“なんとなく不自由な気持ち”

から
解放されたことは
一つの進歩でした。

当の夫はというと
私が許可を取ろうが取るまいが
反応はほとんど変わりませんので

私が勝手に

「許可を取らなくてはいけない」

と思い込みすぎていたのかもしれません。

反応は
夫によって一人一人違うでしょうが

夫依存から脱出することが
必ずあなたのためになるのですよ。

コメント