火・木・金・土・日の21時にブログを更新しています😊

離婚する宣言は安売りしない

離婚
Photo by Artem Beliaikin on Unsplash

バカ夫がいつまで経っても不倫をやめない

何度も警告や忠告をしているけれど
一向におさまる気配がない

あなたは

色々な方法を試して
頑張ってはいるけれど

まったく報われない日々が続きます。

そうなると

「不倫をやめないなら離婚するわよ?」
「再構築なんて辛すぎて無理、離婚も視野に入れよう」
「離婚したらきっと私のありがたみがわかるはず」
「夫が離婚調停してきた。離婚する方がいいのかな、、、」

このような気持ちになってしまうのも
無理はありません。

離婚すれば
バカ夫のことで悩むことがなくなりますから
大きくて重い肩の荷が降りるのでは、、、

あるいは

腹立たしいから
「捨ててやる」
という気持ちにもなっているでしょう。

でも
あなたの気持ちは

本当に

「離婚したい」

なのでしょうか?

本心で
心の底から

「離婚したくてたまらない」

ということであれば

私のこのブログを見るまでもなく

あなたはすでに
離婚の手続きをしているはずです。

バカ夫は有責配偶者ですから
あなたから離婚することは
難しいことではありませんし

生活費などの心配は
もちろん承知していますが

近年では
シングルマザーへの手厚い保護を活用することもできます。

もっというと

離婚せず
婚姻費用を請求しても
夫が支払わない

むしろ
こちらのケースの方が
生活が立ち行かないことも多いのです。

どういうことかというと

夫がいるので
国や自治体の援助が受けられない

ということです。

おそらく
国や自治体の人は

夫が生活費を支払わないことを
まったく想定していないのでしょう
(^_^;)

少し話がそれましたが

そんな状況でも
今もなお

バカ夫と戸籍を一緒にしているのは
なぜでしょう?

あなたは

「心底離婚したいと思っていない」
「腹が立つから離婚を匂わせている」
「納得していないのに離婚しようとしている」

そんな気持ちを持っていませんか?

だったら

「離婚する」

という言葉は
一切口に出さないことです。

例えば

✅提出する気もないのに離婚届を置いておく
✅不倫やめないなら離婚するわよ?とつい言ってしまう
✅離婚に納得していないのに、財産分与や親権の話を進める
✅あなたが自宅から出て行く
✅あなたから別居する
✅住民票を移動したり、子供の転校をさせる

このように

「離婚したいのかな?」
「離婚する意思があるのかな?」

とバカ夫が感じ取るような行動を
ついついしてしまいがちです。

『不倫をやめないと離婚するわよ!』
と匂わせておけば
夫がビビると考えているかもしれません。

しかし

本当に離婚するならまだしも

ついつい
腹が立つからといって

むやみに
離婚を匂わせるようなことをするのは

よけいに夫を
離婚に走らせるだけです。

それよりも

「私は離婚しません」

と一言言い放っておいて

本当に
バカ夫を捨てると決めたなら

「離婚します」

と一言言って
さっさと離婚の手続きをすればいいだけなのです。

コメント