火・木・金・土・日の20時にブログを更新しています😊無料電話相談(15分/30分)の受付は1月31日までです。ご希望の方はお早めに!

不倫女がダメージを食らっているかどうか、どうやって測りますか?

ご相談実例から
Image by Ulrike Leone from Pixabay

いつまでたっても
バカ夫が不倫をやめない

長い間耐えてきたけど
もう我慢の限界を迎えてしまい

何らかの対策をしなくてはと

弁護士、行政書士
探偵
カウンセラーなど

色々な専門家に
相談をしてみたとします。

すると

「内容証明を出せば、不倫女はビビりますよ」
「訴状を送ればきっと、不倫女は慌てて不倫をやめますよ」

このような

◯◯したら
不倫女にダメージを与えられますよ

という内容を
あなたに話してくる人たちがいます。

これを聞いて
あなたはどう思いますか?

不倫女に向かって

ケジメをつけるために
何らかのアクションをすることは

私も相談者さんに

「必要な行動です」

とお伝えします。

不倫しているバカ2人を放置することは
不倫解決には決して繋がらないですし

妻、という立場のあなたを
ないがしろにしている

そんな
バカ2人を見逃したままでは

あなたは決して
納得がいかないはずなのです。

その
不条理で理不尽な状態を

まず
変えていくことが先決です。

ですから
ケジメをつけること自体は必須項目です。

しかし

そのケジメをつける

目標

「不倫女にダメージを与えること」

だったなら

あなたはまた不満を抱えながら過ごすことになるのです。

それはなぜでしょう?

仮にあなたが
不倫女に内容証明を送ったとしましょう。

その結果は
多くの場合
無視されることがほとんどです。

私の知る限り

内容証明を送ったあと
真摯に対応してきた不倫女は見たことがありません。

また
慰謝料請求の訴状を送った場合でも

現実は

不倫女の立てた弁護士(代理人)とのやりとりだけで終始してしまい、

【本当に不倫女がダメージを食らっているのか】
【どれほどダメージを食らっているのか】

なんて

あなたからは
何も見えないのです。

もっと言うと

不倫女が

「ダメージ大きかった」なんて

あなたに言うわけないと思いませんか?

むしろ

「ぜんぜん平気」

というように

例えダメージを食らってたとしても

「そうではないように見せる」

と思いませんか?

このように

不倫女側の出方を
少し想像するだけで

「ダメージをどれだけ食らったか」

なんて

まったく測れない

ということはおわかりいただけたと思います。

だったら
ケジメをつけないのか

そういう話ではありません。

ケジメをつけるのは
あなた自身のためです。

あなたが

悪人を放置せず
悪人としっかりと戦って

この理不尽で不条理な現実を変えること

しっかりと戦うことで
あなた

納得できること

これを目標に据えるだけなのです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました