火・木・金・土・日の21時にブログを更新しています😊

不倫脳の夫を振り向かせようとして、無理に変わらなくていい

妻の気持ち

「夫が気にいるような髪型にしてみたんだけど気づいてくれるかな?」
「夫好みの洋服を買ってきたんだけど、家に戻ってきてくれるかな?」
「今日からちょっとしたことでもいいから、いっぱい褒めてあげよう」

このように

不倫しているバカ夫を
あなたに振り向かせようとして

いろいろな作戦や計画を立ててみたことはありませんか?

誰しも少なからず経験した覚えがあるはずです。

かくいう私も
いろいろな作戦や計画を立てて実行したことがあります。

たとえば

※些細なことでも大げさに褒める
※夫の靴を毎日磨く
※大きな声で挨拶をする
※リビングに花を欠かさない

色々やってみました。

さて
これらの行動で
バカ夫が良い夫に変化したでしょうか?

答えは「No!」です。

だったら

「こういうことをやったとしてもぜんぜん意味がなかったの?」

と凹んでしまう方もおられるかもしれません。

もちろん
まったく意味がなかったわけではありません。

上記のことをやっても
意味がなかったことがハッキリした
、のですから
やってみて良かったとも言えます。

夫の不倫解決においては

カットアンドトライが大事なことは
いうまでもありません。

具体例を書いてみます。

私の例で言いますと

不倫騒動前
「洗濯物取り込んでおいてくれる?」

不倫バカ夫に変貌後
「洗濯物取り込んでくれたらとっても嬉しい」

このように変化させてみたのです。

「こうすればよくなるわよ?」というアドバイスを信じていましたから、一生懸命実行していました。

夫を振り向かせようと必死ですから

「こういう話し方をすれば夫の機嫌が良くなる」

と信じていたんですね。

でも結果は

「夫の態度が余計におかしくなった」

のです。

実を言うと
自分でも気持ち悪いと感じていたのですが
当時はそれをやめることができませんでした

今から思えば
サレラリってやつでした
(^◇^;)

では一度
頭を切り替えて

夫の立場で考えてみましょう

妻が

ある日突然
急に

「始終ニコニコしている」
「言うことを何でも聞いてくれる」
「たくさん褒めてくれる」

となれば

「なんだか不自然」です。

むしろ

「何か裏があるのか?」

ぐらいに考える夫だっているはずです。

いずれにせよ

「急な変化、」

というものを

人間は「不審だ」と感じてしまいます。

例えば

急に痩せた
急に太った

急に寒くなった
急に暑くなった

このような変化があると

「違和感」
「おかしい」
「心配」

このような反応だって出てきます。

それと同じで

あなたが急に
夫への対応を変えたとしても

夫がついていけないばかりか
あなた自身が辛くなってくることだってあるのです。

ではどうすればいいのでしょう?

結論から言いますと

「あなたはあなたのままでいい」

のです。

夫に尽くすことが苦にならないのなら
「夫のため」を貫けばいいですし

夫と対等が心地よいのなら
それを貫けばいいのです。

どのような形が
心地よいのかは
一人一人違います。

ですから

その方の個性にあった方法を見つける必要があります。

なんでもかんでも
夫のご機嫌を取ればいいってものではありません?

コメント