火・木・金・土・日の21時にブログを更新しています😊

夫の不倫解決の「本当の正解」がわからないあなたへ

ご相談実例から

「慰謝料請求したらどれぐらい取れそうですか?」
「3年以上別居したら離婚って言われるんですよね?」
「どれぐらいの証拠があれば不貞が認められるんでしょうか?」

これらはすべて
とっても
気になる悩みですよね。

結果によっては
あなたの人生が
ひっくり返ってしまうような内容ですから

とっても
重要な案件です。

気になるのは当たり前です。

ですから

ネット検索やハッシュタグ検索

あるいは

カウンセラー
探偵
弁護士

色々な人から
あなたは一生懸命情報を集めているはずです。

情報を集めるだけで
大変な労力が費やされてしまいますから

疲弊していて正常な判断が出来ない、
そんな相談者さんも少なくありません。

しかし
このように

色々な人から
情報を得ていると

一つ困ったことが出てくるはずです。

それは

「同じ回答がない」

ということです。

すなわち

「正解がどれだかわからない」

のです。

このような状況でいったい
どうすればよいのか考えてみましょう。

私たちは小さい頃から
学校で色々なことを習います。

そして
勉強がしっかり出来ているかどうか
試験をしてそれをチェックします。

試験の答えというのは
正解が一つです。

正解がいくつもあるような試験は
そう多くはないでしょう。

こういう環境に慣れていますから

私たちはどうしても
「正解」を聞きたい、

という習性があるんですよね
(^^;;

では
これが
不倫解決に当てはまるでしょうか?

答えは

「No」

です。

この不倫問題の正解を導くことは
簡単ではありません。

「いいえ!簡単に出来ますよ!」
と書いてあるサイトなんかも見かけますが
応急処置に終始することも珍しくありません。

では

正解がない
そんな不倫問題

どう考えていきましょう?

冒頭の

「慰謝料はいくらか?」
「3年の別居で離婚なのか?」
「証拠の質と量は?」

これらの回答にも
確固たる答えはありません。

慰謝料がどのように決まるかというと
裁判官の判決だったり和解での話し合いの結果ですね。

3年の別居で離婚になるのか、というのも
個別の事情を考えた裁判官の判断とか、バカ夫の態度とか、お互いの協議の結果にも左右されます。
「3年と24時間経ちました。残念ですが今日から離婚になります」なんてことにはなりません。
(^_^;)

証拠の質と量だって
不貞を認めるか認めないかってのは
正解があるわけではありません。
「これさえあれば不貞が認められる」なんて必殺技はないからです。

また
証拠の質と量というものは一人一人違います。
さらに言うなら、裁判官ですら個人個人の基準が違うのです。

このような状況を考えれば

「正解」なんて誰にもわからないのですから

「ある程度の予想」
「今までこんな感じだったからこれぐらいだろう」

という回答しか出来ないのです。

「色々な人が色々な正解を話す」
これが実情です。

ですから
本当の正解は何か、というと

「やってみないとわからない」

これが
実はもっとも正直な回答なのです。

コメント