火・木・金・土・日の21時にブログを更新しています😊

不倫夫がいてもいなくても関係なく、「安心」はあなた自身でしか作れない

妻の気持ち

「不倫してる夫でもいなくなったら不安」
「離婚って言ってるけど養育費をきちんと払う気あるのかしら?」
「父親がいないと子供はどうなるのかしら、心配」

このように

不倫している夫に
毎日毎日

腹を立てたり
絶望したり
イライラしているあなたも

いざ

【夫がいなくなった場合】

を考えてシミュレーションをしてみると

「ちょっと心配になってきた、、、」

そのような経験はありませんか?

だからといって

不倫してる夫に納得できないまま
無理矢理一緒にいるのも
腑に落ちない、、、。

いったいどうすればいいでしょう?

このような悩みの根幹は
あなたの
「不安」
です

◉生活費の不安
◉一人でお子さんを育てていけるのか不安

現状、離婚はしていないにも関わらず
毎日不安な気持ちになっている方も少なくないのです。

しかし仮に

夫の不倫が終わったら
不安が無くなるのか、といえば

「No」

です。

人間と不安はいつだってセットだから、です

というのも

夫の不倫が発覚する前は
一つも不安がなかった

こういう人は珍しい、というか
一人もいないはず
(^_^;)

世界中のすべての人が
夫の不倫で悩んでいるわけではないにせよ

それぞれ必ず悩みを持っています

ですから

夫が不倫しているから
⬇️
不安

という方程式から
少し離れてみましょう

では
どうすればいいのかというと

夫の不倫が原因ではありますが

現状、あなたが
心配していること
不安に思っていることを

書き出してみてください。

紙と鉛筆でもいいですし
スマホのメモでもいいですから

頭の中から外に出すこと、

アウトプットをしてみてください。

そして出来るだけ

【具体的に】

書くことです

例えば

「夫の不倫が心配」
「子供のことが心配」

というのは
抽象的なので

「夫の不倫で離婚になった場合、養育費がきちんと払われるかどうか心配」
「もし離婚になった場合、子供に父親がいなくなるとどうなるのか心配」
「不倫している夫が自宅にいると、暴言を吐かれるので精神的にダメージを受けるのがつらい」

というように

「何が心配なのか」
「何が不安なのか」

出来るだけ具体的に書いてみてくださいね。

それができたら

第三者の視点で
そのメモを見てみましょう

第三者の視点
というのは

例えばもし
このメモを書いたのが

あなたの親友だったら
あなたの後輩だったら

私はどう見るだろう?

という感じで
考えてみてください

そうすると
頭の中が整理されて
具体的な解決案を思いつくことも少なくありません

「養育費が滞ったらすぐ請求できるように準備しておく」
「父親のいない子供がどう生活しているのか色々な人に聞いておく」
「不倫夫の暴言をどのように回避するか、また暴力が出た場合の対策を考えておく」

というように

「安心」をあなた自身でしっかりと作っていくこと

これが一番の防御策になります

安心は自分で作れるものなのですから😊

コメント