火・木・金・土・日の20時にブログを更新しています😊無料電話相談(15分/30分)の受付は1月31日までです。ご希望の方はお早めに!

不倫女から目を逸らさず、世間には色々な人がいると知ることがあなたを強くする。

妻の気持ち
Image by jplenio from Pixabay

夫の不倫で、

「夫が好きになる人だから、美人で気立てのいい人かも」
「夫が尊敬していると言ってたから、仕事も出来る人なのかしら」

妻は、不倫女にこのようなイメージを持ってしまいがちです。

この段階では、
不倫女と同じ土俵で比較をしてしまっていますから、
妻は劣等感に苛まれて
プライドがズタズタになり、
心療内科に通わなくてはならないほど、
苦しい思いをしてしまいます。

夫のほうが不倫女にイレ込んでいるに違いないし、
’’ 不倫をしたのはお前の出来が悪いせいだ ’’
と夫が暴言を吐いてきて辛い、、、。

だとしたら、

不倫女と対決なんて、
ましてや慰謝料請求なんてとても出来ないと、
二の足を踏んでしまうのは無理もないことです。

しかし本当にそうでしょうか?

不倫女にこういうイメージを持ってしまうのは、

’ 妻の周りの人たちは常識的な感覚を持った人が多い  ‘

からです。

妻自身が「非常識だ」と考える人とは、
普段付き合いがほとんどありませんし、
むしろ出来るだけ関わりたくない、
と思うことも多いはずです(^_^;)

しかしそこが
妻の盲点でもあるわけです。

不倫女をしっかり目の当たりにした妻は、

「ありえないぐらいブスだった」
「想像してたよりぜんぜんバカな女だった」
「まったく常識のない女だった」
「加害者だという自覚がない、謝罪一つしない、まったく誠意のない態度だった」

と、
自分の想像とはまったくかけ離れた女だったと
ようやく現実が理解できるのです。

こんな酷いことを平気で出来る人間がこの世にいるのかと
驚くことも少なくありません。

「相手女性は被害者ではないか」とか
「夫が無理やり誘ったのではないか」とか
「夫が好きになるぐらいだから出来た人かも」とか

不倫女にこんなイメージを持ちつづけていたとしたら、
後々肩透かしを食らってしまうところだったと、
背筋が凍ってしまうはずです。

不倫女を直接目の当たりにして、

「私は世間知らずの平和ボケだった」
「世の中には色々な人がいるんだ」

と実体験をすることは、
あなたを強くするチャンスだと捉えてほしいのです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました