火・木・金・土・日の21時にブログを更新しています😊

離婚は「させられる」ものではない

「俺の気持ちがわからないなら離婚だ」
「なんでお前と結婚したんだろう」
「一緒にいる意味ないじゃん、離婚しよう」

不倫しているモラハラバカ夫は

「一方的に」

離婚離婚と
毎日逆ギレしてきます。

一番信頼していた夫に
そのような仕打ちを受ければ

明日の生活の心配や
お子さんの将来のこと

また

あなた自身の
裏切られた気持ちなども重なって

ショックは相当なものになってしまいます。

相当なショックを受けるのですから

「夫のいうことを受け入れるしかない」

と切羽詰まってしまうことも。

そんな調子ですから

「一方的に離婚させられるかも、、、。」

とあなたが心配になるのも無理はありません。

特に

ショックが大きいときは
自分の判断に自信がなくなってしまいますから

「夫の言っていることをすべて信じてしまう」

そんなふうに
弱気になってしまいがちです。

でも
心配するのは時期尚早です。

というのは

「離婚は夫婦のどちらかが一方的に出来るものではないから」

ですね。

結婚した時は
どうでしたか?

もう思い出すのも嫌かもしれませんが
^^;

少し考えてみましょう。

結婚は
2人の合意の上で
婚姻届を出しにいきましたね。

どちらかが
勝手に決めて
勝手に婚姻届を出すということは
ちょっと考えにくいですよね
(^_^;)

そう考えれば

「離婚だって夫婦どちらか片方の勝手で出来るわけない」

のです。

逆ギレしてくる
不倫モラハラバカ夫から
離婚攻撃を受けている場合

基本的には
対応する必要はありません。

ですから本来は
あなたがストレスを受けることすら
馬鹿馬鹿しいことなのです。

あなたは

バカ夫の離婚攻撃を受け止める、

というよりも

【どのような態度でいつ何を話しているのか】

しっかりと観察しておいてください。

詳細にメモをとっておくと有効です。

こんなに辛いことでも

何ヶ月もしくは何年かたてば
詳細な記憶は飛んでしまうことも多いのですが

バカ夫が何をいつどのように話していたのか、
思い出さなくてはならないことも出てきます。

その時のために
しっかりと記録をつけておいてくださいね。

記録をつける、となると
第三者の視点が出てきますから

「なんとか反撃しなくては」
「夫のいう通りにしなくては」

このように気を揉んでしまうことも
少しは減ってきます。

第三者の視点で
バカな夫の行動を
よく見ておく

そういうスタンスに変化させてください。

コメント