火・木・金・土・日の20時にブログを更新しています😊無料電話相談(15分/30分)の受付は1月31日までです。ご希望の方はお早めに!

夫の不倫で「妻は悪くない」という当たり前の感覚を取り戻しましょう

妻の気持ち

夫の不倫が発覚したとき、
どんな気持ちになりましたか?

「私のどこが気に入らなくてそんなことしたの?」
「私が何か夫に気の障る事を言ったのかな?」
「夫は私のことが嫌いになってしまったの?」

自分を全否定された、
自分の存在意義はなんだったのか、
自分のプライドがズタズタにされたような、
そんな感覚がハンパなく襲ってきます。

自分を責める、自分の価値を下げていく、
そんな気持ちが止まらなくなります。

しかし、よく考えてみて下さい。
不倫をしたのはあなたじゃないんです。
あなたではない夫とあなたではない不倫女が共犯の犯罪です。

不倫されたこと自体も自尊心をズタズタにされますが、
それに加えて、
不倫している夫は謝罪するどころか、

「お前の態度が悪かったからだ」
「家事すらちゃんと出来ないじゃないか」
「お前の話し方が嫌いなんだよ」

と逆ギレし攻撃してくるパターンがとても多いのです。
あなたのバカ夫だけではありません。
実はよくある話なのです。

じゃあなぜ夫は妻を責め立てるのでしょうか?

夫は妻を悪者にしないと
「不倫をする理由がなくなる」んです。

妻が至らないから、と言って不倫を正当化させたい、
こういう夫の馬鹿さ加減を見抜く必要があります。

例えばあなたの友人が泣きながら
「夫が不倫してるの、どうしたらいい?」と相談してきたとしましょう。
あなたは「友人が悪い」と言いますか?
それとも「夫と不倫女が悪い」と言いますか?

妻・夫・不倫女
だれがおかしなことをしているのか
第3者の目で考えれば簡単にわかることです。

その当たり前の感覚を
少しずつ戻していく事から始めましょう。

コメント

タイトルとURLをコピーしました