火・木・金・土・日の20時にブログを更新しています😊無料電話相談(15分/30分)の受付は1月31日までです。ご希望の方はお早めに!

不倫夫にどう思われているかではなく、あなたが不倫夫をどう思うか、のほうが重要。

妻の気持ち
Photo by Markus Winkler on Unsplash

不倫脳のバカ夫に

「おまえが家事育児をちゃんとやらないからだ」
「おまえこそ俺をないがしろにしていただろう」

と暴言を吐かれて

あなたは
「夫にこんな風に思われていたんだ」と
大きなショックを受けます。

不倫夫は
妻と不倫女を比較したり
妻に嫉妬する不倫女から
「妻を下げる言葉」を聞かされていますから、
このような発言が出るのは当たり前のことです。

しかし
こういう裏の事情を知らない妻にとっては
あのバカ2人から

「不倫は妻の問題」

と責任転嫁され、
妻は全体像が掴めないという状態です。

したがって、
妻が不倫夫からの評価を気にしてしまうのは
致し方ないことです。

しかし
その泥沼にハマり続けていると
いつまでたっても
納得いかない状況が続いてしまいます。

不倫夫が
「有責配偶者」であることは
あなたもよくわかっていることと思います。

その
「有責配偶者の夫」からの評価を 
全身全霊で受けとめてしまう。

そんなバカなことが実際に起こっているのです。

相手は夫ですが
不倫という悪事を働いている人間です。

その悪事を働いている人間からの評価を
まともに受けとめている自分に疑問を持つべきです。

むしろ
そんな悪人に対しては
問答無用で

「不法行為をしている人に評価される筋合いはない」

ときっぱり言い放つべきです。

仮に夫が
不倫をきっぱりやめて
妻に誠意を持って接するのであれば、
夫の不満に聞く耳を持つ可能性もおおいにあります。

しかし
自分のやっている悪事を棚に上げて
妻を攻撃するのは筋違いというものです。

夫からの評価をあなたが気にするのではなく、

「あなたが夫をどう思うのか」

このように
頭を切り替えて考えてみることも
とても大事なことです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました