火・木・金・土・日の20時にブログを更新しています😊無料電話相談(15分/30分)の受付は1月31日までです。ご希望の方はお早めに!

結局のところ、頼るべきは不倫夫ではなく自分自身

妻の気持ち
Image by Gerd Altmann from Pixabay

不倫夫は、

「おまえとはもうやってられない、出て行く」
「離婚だ離婚」
と、
自分の悪事を棚に上げて勝手な言葉を吐きます。

あなたは
「こんな最低な不倫脳の夫でも、他に頼る所がない」
と落ち込み、
不倫夫の言葉に気持ちをえぐられ傷ついても、
我慢し続けるでしょう。

生活費の問題や
お子さんの学費、
色々なことを考えて
「私が我慢すればいいだけ、しばらく我慢すれば収まるに違いない」
と愛され妻を選択する方も多いはずです。

しかし
殆どのケースで
あなたが我慢をして愛され妻をしたところで
不倫夫は一向に変化しません。

逆にますますひどくなることが多いのです。

なぜでしょう?

あなたが不倫夫に対して
ダメなものはダメと、
はっきり意思表示しない場合、
不倫夫はどうなるか想像してみましょう。

例えば、
「妻にはまだバレてない、大丈夫大丈夫」
「妻から何も言ってこないんだから、容認ってことだよね」
「あいつはちょっと脅しておけば怖がるからな、楽勝だよ」
とバカな不倫夫が
あなたの我慢を
自分に都合よく捉えるということは目に見えています。

そんなバカな不倫脳の裏切り者の夫を頼りにしているなんて、
おかしいと思いませんか?

大きな大きな理不尽をあなたは感じるはずです。

子どものため、
生活のために
バカな夫の暴言にも耐える、
あなたがそう考える気持ちも理解出来ますが、
そもそも、

「夫婦で子どもを養育する事や、生活を助け合うというのは当たり前の事」です。

それを
生活することと引き換えに
あなたが我慢するというのは
ちゃんちゃらおかしい話なのです。

不倫夫に
「ダメなものはダメ」と
不倫問題のケジメをつけることと、
あなたやお子さんが生活をしていくことは、
まったく別次元の話です。

そこを取り違えてはいけないんです。

そういう頭の整理をするのも
ケジメを付けるのも
不倫夫をどうにかするということではなく、
すべて「あなた自身で考えて実行していく事」でしかありません。

不倫夫に頼ろうとする意識をすべて捨てて
「頼るべきは自分自身、実行するのも自分自身」
と、
少し見方を変化させてみることも
このモヤモヤから脱出する一つの方法です。

コメント

タイトルとURLをコピーしました