火・木・金・土・日の21時にブログを更新しています😊

不倫女に慰謝料請求してもいい?と共犯の不倫夫に聞く愚かさに気づく

慰謝料請求

夫に不倫されて
辛くて辛くて
耐えきれず

思い余って
不倫女に慰謝料請求をするかしないか、
を考えることもあると思います。

そういう時、
色々な人に相談をすると、
「こういうふうに考えたらどう?」
とアドバイスをくれる人がいます。

それは例えば

「夫が不倫女に心があれば、慰謝料請求をしない」
「夫が不倫女に心がなければ、慰謝料請求をする」
「夫が慰謝料請求してもいいよ、と言ってくれたらやってもよい」

このような答えになるのは

「あのバカ2人にさえも見えない「心の中」の動きに妻が囚われている」
「慰謝料請求後の夫の動き方に囚われている」

ということになるでしょう。

もちろん
家族の一員である夫のことを考えて妻が動く、
ということは
平時の場合は
一般的なことです。

しかし
今は平時ではなく
家族の緊急事態宣言中ですから
考え方を変化させなければならない時です。

さて、
不倫女への慰謝料請求というのは
被害者であるあなたが
不倫をした加害者へ
精神的苦痛の損害賠償をさせる、
ということです。

不倫女へ慰謝料請求をした場合、
書面や判決文には
不倫夫のことが
「訴外」◎◎(名前)
と記載されます。

当事者と混同しないように
このように表現されるのです。

あくまでも、
妻であるあなたと
不倫女との間の争い、
ということに
ほかなりません。

不倫夫と不倫女は
共同不法行為を犯していますから、
別々、というイメージを
持ちにくいかもしれませんが、

不倫女への慰謝料請求は
そもそも
夫に許可を取って進めていくような内容ではないと
いうことに気づいてください。

また、
あのバカ2人の心の中の状態を推し量って
それに合わせて
慰謝料請求をするしない、
を判断するのも本末転倒です。

心があろうがなかろうが
妻が希望すれば必ず請求すべきで、

心があろうがなかろうが
社会のルールに反したことをしている人には、
損害賠償請求をしてもいいのです。

コメント