火・木・金・土・日の20時にブログを更新しています😊無料電話相談(15分/30分)の受付は1月31日までです。ご希望の方はお早めに!

夫の不倫の解決は、家族のために私が動かなくてどうするんだというスタンス

家族

夫の不倫が発覚すると
妻は

「なぜ私がこんな酷いことされなきゃならないの?」
「夫に暴言を吐かれた、信じられない」
「夫に裏切られた、あり得ない」

このように

「夫に〜された」

と考えがちです。

たしかに
夫の不倫、
という事実がしっかりありますから、
不法行為を「された」ということに変わりはありません。

私は夫に不倫「されて」
とても辛い思いをしているのだから、
夫が自分で尻拭いをすればいいのよ(怒)

不倫夫の勝手な行動のせいで
私が尻拭いさせられるなんて
とんでもない、
自分でケリつけてよ(怒)

と腹が立つ気持ちも出てきますし、
妻が怒るのももっともです。

夫が自分で自分の尻拭いをするのも
大人として
一人の社会人として
当然のことですよね。

自分の犯した罪の償いや
事後処理は
大の大人なら
自分自身で出来るはずです。

しかし
夫の不倫の場合、
夫が一人で尻拭いが出来ないケースが結構あります。

ほとんどが
このパターンと言っても過言ではありません。

どういうことかというと、
もう一人
この不倫問題の関係者がいるからです。

「不倫女」ですね。

このもう一人の人物は
不倫夫のボスとして君臨しています。

そういう状況なので
ほとんどの場合
夫一人では解決が出来なくて、
手に負えない場合も少なくありません。

本当に情けない限りですが、
それが実態です。

妻としては

「なぜ私があんな馬鹿な女のために動く必要があるの?」
「万が一慰謝料が取れたとしても、金額が低いから動いても意味ないでしょうよ」

と考えてしまうのが常ですし、
そういう考え方も納得の一つになり得るでしょう。

しかしこれは

「妻があのバカ2人の接触を放置してしまう」

ということに繋がってしまうのです。

あのバカ2人の接触を放置すれば
「いつまでたっても接触を続けてしまうリスク」
「子供が出来てしまうリスク」
「悪いことを正せない、というあなたのストレスが溜まるリスク」
が高くなっていくのです。

妻であるあなたが動かなければ
一体誰がこの理不尽な状況に
メスを入れるのでしょう?

お子さんが不倫女と直談判出来るわけもなく、
あなたのご両親だって、
この問題については
あなたを差し置いて
しゃしゃり出て行くわけにもいかないのです。

あなた自身のため
あなたの家族のために
今こそ動くべきなのですよ。

コメント

タイトルとURLをコピーしました