火・木・金・土・日の21時にブログを更新しています😊

夫の不倫は「家族の緊急事態宣言中」だという意識を持つ

妻の気持ち
Photo by Jason Leung on Unsplash

夫の不倫が発覚する前は

「蛍光灯が切れたから、替えてくれない?」
「明日は雨かしら?」
「夕食はなにがいい?」
「冷蔵庫が壊れそうだから、そろそろ買い替えたいんだけどいいかしら?」

などなど

なんでもかんでも
夫に尋ねたり
夫に判断を求めたりしていませんでしたか?

かく言う私も
同じように
なんでも夫に聞いたり
夫に判断をまかせたりと、
夫に頼りきりでした。


そして
夫の不倫が発覚した後も
同じような感覚でいると、
不倫夫の反応は、、、

「自分でやってくださいよ」
(いきなり敬語になる)
「自分で調べてくださいよ」
「夕食?いらないよ」

このように
妻に対して
「うっとうしい」
という態度を
前面に出してきます。

そうなると
妻はまたショックを受けてしまうわけです。

原因はわかりきっていますが、
不倫女がバックについていることで
気が大きくなり
妻に対して
普段なら言わないような
暴言を吐くようになります。

また、
不倫女と比較をして
妻を下に見ていますから、
当然そういう態度になってしまうわけです。

それをあなたはわかっていながら
不倫発覚前と同じ感覚で
夫を見たり
夫に対応したり
そういうことを続けているのです。

Photo by Jake Espedido on Unsplash

ではどうすればいいのか、
というと、

今は平時ではなく
家族の緊急事態宣言中なんだ、

という意識を持ってみてください。

夫になんでも相談しなきゃとか
夫に確認してから決めなくてはとか
夫に頼りきっている自分自身を
一旦頭の中で
リセットする必要があるのです。

今は家族の緊急事態宣言中だと、
平時ではないんだと、
このように頭の中のリセットが出来れば

「女に話をしにいくと、夫に聞いてからじゃないとだめですか?」
「女に慰謝料請求をすることを事前に夫に聞いておいた方がいいですか?」

というような質問は出て来なくなるのです。

なんでも夫にわざわざ許可を取ることはない、
という感覚が出てくればしめたものです。

あなたが一人で
選んで決めて行動することで、
一つ一つ自分の人生を作っている
という気持ちにもなれるのです。

コメント