火・木・金・土・日の21時にブログを更新しています😊

「払えない」とゴネる不倫バカ夫に失望している暇はない

不倫夫
Image by Luisella Planeta LOVE PEACE ?? from Pixabay

「家事もろくすっぽ出来ないのになんで生活費を払うの?」
「一緒に住んでないんだから払う必要ないじゃないか、俺は財布か?」
「慰謝料?冗談だろ、払えるような金はないよ」

【ATMの価値すらないの??】

こちらとしては言いたくなるぐらいのものですが

慰謝料はおろか
生活費すら

「払えない」

とゴネる不倫夫は
珍しくありません。

「結婚当初はそんなことなかったのに、、、」
「むしろ気前がいいぐらいの人だったのに、なぜこんなに変わってしまったの、、、」

ショックで立ち直れないぐらい
大きく失望してしまいますよね。

バカ夫の不倫が原因で支払わない、ということは往々にしてあるのですが

いずれにせよ

こんなわがまま勝手なことを
認めるわけにはいきません。

ゴネたらなんでも通るというような

親というより

「親のふりをした子供が子どもを育てている」

そんな不倫バカ夫も珍しくはないんです。

※生活費を入れない
※不貞慰謝料を支払わない
※不倫女にお金が流れている

このような内容で
多くの不倫された妻が悩んでいます。

「払えない」
といえばなんでも通る

そんな勘違いをしているバカ夫に
失望して動けなくなってしまう

あなたの気持ちは痛いほどよくわかりますが

そこで止まっていても
何も変わりませんよね。

ではいったい
どうすればいいでしょう?

「とにかく今は失望している場合じゃない」

このように
いったん頭の中を切り替えてみましょう

失望している時間にするのではなく
バカ夫から生活費や慰謝料を

「支払わせるための方法を考える時間」

に変えてください。

しかし
例えば

バカ夫にお願いしたり
ましてや
媚びたりというようなことは

あなたの気持ちに沿っているはずありませんよね。

あなたは悪くないのだから

正々堂々と
バカ夫や不倫女に請求をする方法を探すのです。

具体的には

生活費は婚姻費用請求
慰謝料は慰謝料請求をするのですが

それをやっていくと必ず
バカ夫や不倫女からの反論がやってきます。

それに慌てず騒がず
迎え打つような気持ちで
腹を決めて対応していると

失望している暇なんて全然ないんだ

とようやく気づくのです。

コメント