火・木・金・土・日の21時にブログを更新しています😊

不倫夫のハンドルで運転してる車に乗ってていいのですか?

妻の気持ち
UnsplashWilliam Krause

「もう不倫の話はするな?といって怒るから話し合いができないんです」
「お前がそんな態度なら離婚するからな!と言われてツライんです」
「頭を下げて頼まないと生活費を払ってくれないんです」

あなたの生活も精神も
まったく安定しないまま

不倫夫のご機嫌に左右されて

家庭の雰囲気が変化したり
生活の主導権を握られている状態で

「これからどうすればいいのか、、、」

あなたは毎日苦しんでいませんか?

夫に
イニシアチブを握られていて

勝手な行動をされて

あなたを侮辱してくる

そんな酷いことを
されるがままの毎日では

我慢も限界でしょう。

Image by Ulrike Mai from Pixabay
※話し合いができない
※一方的に離婚を迫られる
※生活費を止められる

不倫をしている夫が
妻を攻める方法ですが

実はこれは

「雛形でもあるのか?」

というぐらい
とてもよくあるご相談です。

こういう一つ一つの困りごとについては

都度
対策の方法をお話ししますが

本当に
あなたに気づいてほしいことは
これなのです。

こういう状態はいわば

「夫のハンドルで運転している車に乗っているようなもの」

だということです。

あなたが

「不倫をやめてほしい」
「不倫女とケジメをつけたい」
「不倫夫にも真摯に謝罪をさせたい」

と考えていても

すべて
夫のご機嫌に左右されて
ストップするような状態ならば、

結局

「あなた自身が困ることになるんですよ」

とお伝えしたいのです。

今は

不倫夫が車のハンドルを握っていて
あなたは助手席に座っている

これでいいのかもしれませんが

もし夫が
急にいなくなったら?

もし夫が
急に病気になってしまったら?

助手席に乗っているだけのあなたでは
前に進めなくなってしまうのです。

もちろん普段は

「不倫夫なんていらないです」
「不倫している夫なんてもう消えて欲しい」

そんなふうに考えているかもしれません

でも
いざ
夫がいなくなってしまった場合

いつでもあなたが
ハンドルを握れるようにしておくことが
とっても大事です。

常日頃から

夫がいなくても
しっかりとあなたが生活していけるよう

夫がいなくても
メンタルが不安定にならないよう
考えておくこと。

家族の一大事が起これば
率先してあなたがハンドルを握ること。

冒頭の例で言うなら

タイミングを見計らって必ず話し合いを実行する
離婚はしませんと主張する
婚姻費用調停を起こす

このように

夫の言動に囚われず
あなたが必要だと考えていることを
実行すること。

これが
とても大切です。

コメント