火・木・金・土・日の20時にブログを更新しています😊無料電話相談(15分/30分)の受付は1月31日までです。ご希望の方はお早めに!

夫の不倫だって「起こってしまったものはしょうがない」と捉えられるか

妻の気持ち

常日頃
夫の不倫の辛さというものは
経験者にしか
わからないものだと

心の底からひしひしと感じています。

例えば
テレビのコメンテーターや
有名評論家の先生、
と呼ばれている人などでも

不倫を社会問題と捉えるどころか

「男女の痴話喧嘩を公共の電波を使って放送するな」

ぐらいの勢いで
こんなふうに言われてしまいます。

このように
夫の不倫を経験していない人から見ると

「大したことじゃないだろう」

と思われているのだな、と
時折複雑な思いに駆られます
(^_^;)

このような
夫の不倫事件ですが

これをやられた当事者にとっては
精神的に相当な苦痛を強いられます。

短期間で片づけば
まだマシなほうだと思われるでしょうが、
不倫期間自体は短かったとしても
不倫されたパートナーの心のケアは
一生かかると言っても過言ではありません。

そうはいっても
この辛い気持ちを
一生引きずったまま過ごすのも

それはそれで
嫌な気持ちですよね。

✅楽しい気持ちで過ごす一生
✅辛い気持ちを引きずったまま過ごす一生

あなたはどちらを選びますか?

Image by Pete Linforth from Pixabay

ではどのように

あなた自身の
心のケアをしていけば良いのでしょう?

もちろん
不倫した夫にケアをしてもらうなんて
悠長なことを言っている場合ではありませんね。

なので
不倫夫に頼らずすがらず
自分自身で
少しだけ考えを変化させてみてください。

「起こってしまったものはしょうがない」
のです。

自然の成り行き、、、
とまで言うつもりはありませんが
(^_^;)

生きていれば
想定外のことは必ず起こってきます。

パートナーの不倫だってそうです。

事実は事実として捉えて、
その事実を踏まえて、
そこからどうするか

そういうものの考え方を養って
ビクともしない強いあなたを
作ってほしいのです。

カウンセリングで
そのお手伝いをしますので
ぜひご連絡くださいね。

コメント

タイトルとURLをコピーしました