火・木・金・土・日の20時にブログを更新しています😊

カウンセリング無料相談で、あなたは何を相談しますか?

カウンセリング
Image by Pexels from Pixabay

あなたのバカ夫が
不倫をしている。

「いったいどうしたらいいの?」

と泣きながら

ネット検索や
ハッシュタグ検索などを利用して

「どこか良い相談先はないだろうか、、、」


あなたは一生懸命
探すことになるはずです。

そんなとき

「夫の不倫対策はこうする!」

とか

「夫の不倫チェック診断!」

など

山のように
検索結果が出てきます。

探偵
弁護士なども
たくさんヒットしますが

カウンセラーも
多数ヒットします。

あまりにもたくさんありすぎて

カウンセリングの方法も
一人一人違いますから
迷ってしまいますよね
(^_^;)

このように

カウンセラーと名のつく人は
日本中に多数おられますが、

いきなり料金を払って
相談しようとする人は
少ないはずです。

と言いますのは、

私のホームページにもありますが

夫婦や不倫問題の
カウンセリングには
大抵

「無料相談」

を設けているところが多いのです。

例えば
電話相談だと
15分
30分
というパターンが
多いと思いますが

色々なカウンセラーがいる中
無料相談などを使って
お試しで話をしてみることは
とても大事なことです。

例えば
あなたが

「このカウンセラーさん、どんな人かな?」

と考えて
30分の電話相談をしたとします。

その30分という
貴重な時間を
どのように使いますか?

Photo by Lukas Blazek on Unsplash

私のところで
よくお聞きになりたいと仰るのは

「不倫女との示談書ってどういうふうに書くのでしょうか?」
「どのような証拠があれば、慰謝料請求できるのでしょうか?」

というような内容が
少なくありません。

このような内容を質問したい
という気持ちはよくよくわかります。

だって
行政書士、弁護士に
話をしたら

難しいことを
いっぱい言われそうですよね。
(^_^;)

私もかつてはそうでした。

しかし、

貴重な30分を
書類の書き方について話す。

あなたはそんな時間に
したいのでしょうか?

書類の書き方というのは
もちろん重要なのですが

夫婦問題を
解決する上では

書類の形式うんぬんよりも
もっともっと大事なことが
あるのです。

Image by Edar from Pixabay

例えば

書類の書き方なら
行政書士さん

どんな証拠が必要か
ということなら
弁護士さんに

質問することを
私はお薦めしています。

証拠については
本当は
裁判官に聞きたいところですが
(笑)

それはなかなか難しいので
弁護士さんに聞くことになるわけです。

書類や証拠については
その道のプロ
というものがいますので

そちらに質問する方が
ベストだということです。

であれば

カウンセラーに
何を聞くのがいいの?

ということになるのですが、

まず

「無料相談」

の意味とはなんでしょう?

Photo by Andrea De Santis on Unsplash

無料相談の意味は

①あなたに合う人かどうかを見極める

長期にわたって
あなたと一緒に二人三脚で
夫婦問題を解決していくのに
ふさわしいカウンセラーかどうか

それを見極める時間にする、
ということです。

②カウンセリングの方向があなたと一致しているか

ブログでは
「女性の自立」
を推奨しているのに

よくよく話してみたら
「愛され妻」系だった
(^_^;)

なんてこともあるかもしれません。

ですから、

「カウンセラーが目標にしている先」

があなたと一致しているかを
しっかりと見極める時間にしましょう。

カウンセラーの言っていることに
イマイチ納得できないとか
思ってる方向と違う
ということがあれば
気に留めておくことです。

③カウンセラー側が、あなたと二人三脚で不倫問題の解決に当たれそうかを見極める。

「え??」
と思うかもしれませんが

カウンセラー側だって
あなたと同じ目標を目指せるか
ということをしっかりと確認する場でもあるんですよ。

無料相談には
このような意味も
含まれています。

ただし

「私と合いますか?」

と直接カウンセラーに聞く
というようなことではなくて、

あなたの今までの経過や
考えていること

あなたがこうしていきたい、
というような希望を
お伺いしながら

必要な話をしていく中で

「お互いの相性」
「お互いの目標」

を感じ取っていくのです。

そんな30分にしていくと
無料相談の価値が出てきます。

ですから、
マニュアル的なことを
短時間の無料相談で聞くことは
あまり意味がないのです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました