来年1月にオープンカウンセリングを開催予定です。詳細は近日公開😊しばらくお待ちください。

夫の不倫の対応がしっかりできるかどうか、自分が試されているのだと思ってもいい

妻の気持ち

「夫が不倫しているんだけど何もできない。どうしたら?」
「どこに相談したらいいのかわからない、どうしよう、、、」
「とにかく何から手をつけていいのか、さっぱりわからない?」

このように

夫が不倫しているという事実は

ジワジワわかってくる、というよりも

今まで平穏だった日々が
ある日突然崩れ落ちる

急にどん底へ突き落とされる感覚です。

そんなときは
誰でもパニックになってしまうものです

普段は冷静な人でさえ
相当オロオロしてしまうはず。

みなさん
このような経験をしています。

あなただけではありませんから
安心してくださいね。

さて
このように

ある日突然
どん底につき落とされると

次の動きが
わからなくなってしまいます。

ですから

「夫の不倫 対応」
「夫の不倫 解決」
「不倫相談」

このような
キーワードで

「何かヒントになることはないだろうか、、、」

と探し回ることになるのです。

そうすると

「夫に〜してもらう方法」
「夫を〜する方法」

要するに

「夫をどうにかするために、あなたがこう動きましょう」

このような内容が
山ほどヒットするはずです。

もちろん

数ある作戦のうちの一つだと捉えて
実行してみてもいいのですが

こういう方法は

「あなたのアイデンティティを崩して、書いてある通りのことを実行するだけ」

にとどまってしまうことも多いのです。

仮に
実行してみて
あなたの思惑が外れた場合

「私が上手く実行できなかったからだ」
「私が書いてある通りにできなかったからだ」

と嘆き悲しむ、、、

という流れになってしまうことも少なくありません。

では
このような流れから脱出するためには
どうすればいいのでしょう?

そもそも

「あなた以外の他人をどうにかする」

ということが
簡単にできるはずありません。

このブログで
何度も言っていますが

私たちは人間ですから
エスパーや超能力者じゃありません
(^_^;)

そこをしっかりと
押さえないことには

いつまでたっても
思惑通りにいかず
嘆き悲しむ日々が続きます。

けれど

こういったことだって
何事も経験です。

自分が経験したり
体験してみた結果、

違和感を覚えることで
次のステップに進むことができるんですから
悪いことではありません。

自分は超能力者ではないと
確認できたところで

次のステップは

「あなたが違和感を感じるところを修正する」
「誰かに言われたことをそのまま実行するだけ、をやめる」
「自分で考えたことを実行する」

このような作業が
必要になってくるわけですが

ここであなたの力が試される
と言っても過言ではありません。

いままでは

「夫の不倫の対処をさせられていた」
「なぜ私だけこんな目に合わなくてはいけないの?」

というような
ネガティブイメージから

トラブル上等!
とでもいうような

こちらから迎えにいくイメージに変化させることが大事です。

誰かに言われたことを
そのまま実行しているだけでは
いつまでたっても納得できない

今は自分が試されている時なんだ

それがわかったら

あなたの実力がどんどん上がっていくのですよ?

コメント

タイトルとURLをコピーしました