火・木・金・土・日の21時にブログを更新しています😊

不倫している夫と言い争いになるなんて、時間の無駄としか言いようがない

妻の気持ち
UnsplashZdeněk Macháček

ChatGPTに

「不倫問題の解決方法」

を聞いてみましたら

いくつか候補が出てきますが

その中に

「夫と話し合う」

という結果が出てきます。

ChatGPTは過去(2021年9月まで)の情報を学習して
結果を弾き出しますから

たくさんのホームページやブログに

「不倫問題を解決するには、まず夫と話し合いをすることから」

と書いてあったのかもしれませんね。

でも

あなたは
建設的な話し合いをしたいと思っているのに

不倫バカ夫は
いちいち
揚げ足をとってくる。

そうなれば当然
お互いの感情がぶつかってしまいますから

「話し合いどころか
言い合いになってしまった、、、。」

このようなこと
ありませんでしたか?

ではなぜ
このような結果になってしまったのでしょう?

仮に

不倫をしていない夫と話をする」

と仮定してみましょう。

不倫をしていないのですから

テーマは
そうですね、、、

「家事の分担」についての話し合いだとしましょう。

どちらが
どの家事を責任持ってやるか、

このような話だとします。

これだと

ある程度二人の間で納得して物事が決まれば
ムキになってワァワァやりあう、ということはちょっと考えにくいですね。

異議がある方もいるかもしれませんが
(^_^;)

でも

不倫をしている夫となると
少し状況が変わってきます。

というのは

「相手が悪いことをしていることが前提」

だからです

悪いことをしている人の

「行動の代表例」を考えてみましょう。

例えば

◉交通違反で捕まって→逆ギレ
◉人を殴って注意されて→逆ギレ
◉騒音出して注意されて→逆ギレ

警察24時なんかを見ていても
あるあるですよね。
(^_^;)

中には
素直に謝るバカ夫もいるでしょうけど

ほとんどのバカ夫の場合
それができません。

【バックに不倫女がいる手前あなたに謝りづらい】
【妻が悪いから不倫をしているだけで、自分は悪くないから】

バカ夫が素直になれない
しょ〜〜〜〜〜もない理由はたくさんあるでしょう。

しかし
そもそも

「素直に謝れない状況」

は間違い無いのですから

話し合いをしても
あなたの希望通りの結果にならない可能性が高いのです。

それを想定内、とした上で
話し合いをするならいいのですが

「きっと私の気持ちをわかってくれる」
「話し合えば分かり合える」

このような目標を持って話し合いをしても
あなたがまた失望してしまう可能性があるんですね。

仮に

「不倫をやめて、私と子供達に謝ってほしい」

あなたが話したとします。

すると不倫バカ夫は

「自分は悪く無い」
「不倫はしていない」
「お前が悪いから」

こういう逆ギレをしてくることも
想定しておく必要がありますし

万に一つでも

「すまなかった、許してくれ」

とバカ夫が話してきたとしても

あなたがその言葉を
信じられるようになるには

長い長い時間がかかりますし

「本当にすまないと思ってるの?」

ぐらいの疑いは残ります。

いままで散々
あなたに嘘をついていたのですから

「じゃあ今から信じましょう」

なんて
普通は難しいでしょう。

ではどうすればいいのでしょうか?

不倫をしている夫との話し合いは

「基本時間の無駄」

です。

「基本」と書いたのは

「100%ではない、」

ということです。

なぜなら

不倫バカ夫が何を発言しているのかを
聞いておいてもいい、

そんな場合もあるからです。

もちろん

そのバカ夫の発言に
あなたが感情的になる必要はありません。

あくまでも

「何を言ってるのか」を把握しておく、

ということです。

だからといって
まったく話し合いの意味はないのか

といえば

もちろん
そんなことはありません。

「タイミング」

というものがあるからです。

夫と話し合いをする前に
もっと重要なことをやらなくてはいけません。

まずやらなくてはいけないことは
いったい何なのか、

みなさんそれぞれ違いがあります。

たとえば

バカ夫の後ろをうろちょろしている不倫女の対処なんかもそうです。

「話し合いをする前にやらなくてはならないことを考える」

そのお手伝いを
私にさせてくださいね。

コメント