火・木・金・土・日の21時にブログを更新しています😊

不倫発覚は、夫になんでも聞いていた自分をやめる良い機会

妻の気持ち

「今日の夕食は何がいい?」
「友達とランチに行ってもいい?」
「クーラーつけてもいい?」

こういう日常のちょっとしたことや

「不倫女に慰謝料請求してもいい?」

このような
重要な内容まで

ついつい夫にお伺いをたててしまう。

そんな方は少なくありません。

たしかに
一般的には

旦那を立てるべき
一家の主人だから尊重するべき

そういう

ある種【日本独特?】な男性を立てる感覚が
身についているのでしょう。

また
逆パターンで

夫がしょうもないこと

例えば

「いま何時?」
「今日は傘いると思う?」
「アレどこにおいてあるの?」

こういうことを
いちいち聞いてくるので

辟易している妻も
世間には多いようです
(^_^;)

さきほどの
逆パターンのことを考えれば
すぐわかりますが

自分で考えたり
あるいは
自分で調べればすぐわかることを

というような理由で

夫に何でもお伺いを立てることが癖になっている

そんな相談者さんも少なくありません。

でも
そういうことって

自分では気づきにくいものなんですよね。

私自身も

なんでも夫に聞く、ということが
当たり前のようになっていた時代がありました
(^_^;)

でも
これでは

あなたの人間力は
いつまで経っても上がりませんし

いつまでも夫に舐められたまま
人生を過ごさなくてはいけません。

そんなの嫌ですよね。

では
さきほどの

「不倫女に慰謝料請求をしても良いでしょうか?」

これは

不倫夫にお伺いを立てなくてはいけないことでしょうか?

答えは「No」です

あなたが受けた精神的苦痛を
慰謝させるための請求ですから

夫の許可は必要ありません。

よくよく考えてみれば

夫が「Yes」という可能性はものすごく低いですし
請求を邪魔してくることも簡単に予想できます。

また
当たり前のことですが

夫の行動を調査するときも
夫の許可は必要ありませんよね
(^_^;)

こうやって

「夫の許可を取らなくてもいいこと」
「夫の許可を取ってはいけないこと」

こういうことを
一つ一つ増やしていくと

いつの間にか

「今まで夫に色々聞きすぎてたかも、、、」

と気付くのです。

そしてもう一つ

ということにも
気づくのです。

コメント