火・木・金・土・日の21時にブログを更新しています😊

お子さんと一緒に母親が成長するように、不倫の対処も徐々に成長していけるのです。

相談者ネットワーク
Image by Nico Wall from Pixabay

「不倫女に話をするなんて無理だわ。まだまだ私の気持ちの準備が出来ていないのに」
「いつも頼りなくて失敗ばかりしてしまうの、不倫女に言い負かされてしまうかも」
「夫に慰謝料請求したらきっと逆ギレされる、今の私の実力では到底無理」
「調停?裁判?そんなこと今まで経験したことがないのに出来るわけないよ」
「公証役場なんて行ったことないんだけど、一体何を話せばいいんだろう」

あのバカ2人の不倫の対応に追われ、
妻は「初めて経験する難題」を山のように抱えてしまいます。

見るもの聞くもの
なにもかもが初めてのことばかりで
あのバカ2人に
スタートから大きなハンデを背負ってしまいます。

もちろん
不倫の対処に慣れている、
なんていう方はとても稀です(^_^;)

ほとんどの方が未経験なのは当たり前です。

だからといって
孤独に一人考えているだけでは
いつまでたってもこの大きなハンデを覆すことは出来ません。

まずは
こんな不幸なことが起こってしまったと嘆くことはきっぱりやめて、
あなたがやるべきことをやる。

それをやらなければ一生泣き続けるだけです。

それではどうやって対処していくかということになりますが、
向こうが2人なら
こちらも数で勝負するという発想が出てきます。

例えば、
同じ経験をした人たちや
私のようなカウンセラーに
今までの豊富な経験や、
夫との関わり方を聞いてみて、
自分自身へ問いかけるきっかけを積極的に作ったり、

離婚しない理由や

探偵・弁護士をどうやって探したか

法的措置はどうしたか、

など、
いろいろな話を聞きながら
少しずつ知恵をつけていく。

そうこうしているうちに、
世界で一番不幸なのは私だと
世間の事を何も知らずに
自分勝手に思い込んでいたことがわかって、
実はよくある話だったんだ、という事に気づきます。

こうやって自分の視野を広げていくことは
自分を成長させること
自分の器を広げる事に繋がっていきます。

色々な人の話を聞いていく中で、
「夫婦ってこうだと思うよ」とか
「私はこういう理由で離婚しないのよ」とか
さまざまな言葉のシャワーを浴びることで、
自分の考えを頭の中で整理しながら
さらにパワーアップしていくことが出来ます。

一緒に成長し、
強くなることが出来るのです。

それはまるで
お子さんと一緒に成長していく母親の姿と似ています。

コメント