火・木・金・土・日の20時にブログを更新しています😊無料電話相談(15分/30分)の受付は1月31日までです。ご希望の方はお早めに!

不倫脳の夫が黒だと言っても、妻も一緒に黒だと言ってはいけない理由

妻の気持ち
Photo by Nicolas Thomas on Unsplash

「お前が口うるさくなければ不倫なんてしなかった」
「浮気される方が悪い」
「俺は不倫なんてしていない」
「相手から言い寄られたんだ、だから俺は悪くない」

不倫夫はあなたに冷たい態度を取ったり、
あなたの言うことにすべて反対してきます。

そんな不倫夫の言動は
世間の倫理観正義感と
大きく掛け離れています。

夫の不倫が発覚するまでは
そんなに違和感はなかったはずですが、

不倫夫に豹変してからは
おかしな言動が
目立つことも少なくありません。

このように
今まで違和感がなかったのに

不倫をするようになって
違和感が出てきたということは

何かがトリガーになっています。


もちろんそれは不倫女です。

多くの場合
不倫夫は不倫女の影響を
強く受けています。

なので
不倫夫の言動に
妻は違和感を覚えるのです。

Photo by Mehrpouya H on Unsplash


不倫は
あのバカ2人も一応
やってはいけないことだと
認識はしています。

そのやってはいけないことを
正当化しなくてはならないので^^;

真実を隠したり、
倫理観が崩壊するような
考えになりがちです。

不倫は倫理に反するので
「不倫」と書くということからも、

倫理観が崩壊してしまうのは
目に見えています。

それに加えて
不倫夫は不倫女から
「これが本物の愛」とか
「遊びじゃない」と囁かれ
洗脳されていることも多いのです。

このように、
倫理観が崩壊している不倫女が「黒」と言い、
それを真に受けた不倫夫が「黒」と言っているわけですから、

それに合わせてあなたが
「黒」と考えてしまうことは

とてもおかしなことなのです。

夫の不倫が出ると
何が正しいのかおかしいのか
あなた自身がわからなくなってしまうことがあります。

しかし
こういう背景を考えれば

あなたが
自分自身で物事を考えることが
とても大切だということは
おわかりいただけると思います。

不倫女が黒と言うから
不倫夫が黒だと言っているだけなのに、
妻まで黒と言わされてはいけないのです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました