火・木・金・土・日の21時にブログを更新しています😊

不倫夫あるある【Case 11 / 俺を自由にしてくれ】

夫の気持ち

不倫している夫が
よく発言する
あるあるの言葉や行動は

ある程度パターン化されています。

理由は分かりませんが

日本に限らず
世界中で

不倫夫は
同じ言動をしてしまうのです
(^_^;)

不倫夫の言葉を聞いて
辛い思いをしているあなたと
同じタイミングで

他の国のどこかでも

よく似た不倫夫の言葉で
辛い思いをしている妻は
大勢いるはずです。

このような

「不倫夫あるある言動」

を知っておくと

バカ夫からの攻撃が来たとしても

「これ、ど定番のセリフだ」

というように
心の準備が出来ますので

少しはダメージを減らせるはずです。

「もうお前の顔見たくないから別居する」
「前から好きじゃなかった、もう離婚したい」
「ただの同居人じゃん」

だから

「もう俺を自由にしてくれ」

と、不倫バカ夫が
堂々と主張してきます。

あなたは
このバカ夫の

「堂々たる態度」

に押されて

「離婚した方がいいのかしら」
「私が夫を束縛してたのかしら」

このように

「私のせいかも、、、」

と自分を責めてしまいます。

でも
本当に

夫はあなたに
束縛されていたのでしょうか?

そして

夫が不倫をしたのは
あなたが原因でしょうか?

結論から言うと

あなたは夫を束縛していません

そして

バカ夫が不倫をした原因は、あなたではありません

ここはもう

口を酸っぱくして
はっきり書いておきます。

なぜなら

仮にもし
あなたが

夫を束縛していたり
夫があなたに不満を持っていたとしても

不倫をするという行動で
夫婦間の問題を解決しようとするなんて
ちゃんちゃらおかしい話です。

束縛や不満については

まずは夫婦間でディスカッションをして解決していくべきなのに

それをせず

勝手に不倫女とタッグを組んでいるのです。

なんとも
筋の通らない話です。

「俺を自由にしてくれ」
なんてとんでもない話で

実際は真逆の
「自由すぎることをしている」のです。

ではなぜ

世界中の不倫バカ夫は

「自由にしてくれ」

と言ってしまうのでしょう?

これは

あなたから解放してほしい
という気持ちの表れでしょうが

本当のところは

「この面倒な問題から逃げたい」

ということに尽きます。

不倫女にご機嫌をとりながら、
なおかつ
あなたからも色々と詰められる。

この自業自得の情けない状況から

不倫夫はひたすら

「逃げたいだけ」

なのです。

そんなバカ夫には

「自分がしでかしたことにケツも拭けないなんて情けない」
「逃げ出さずにこの問題に正面から立ち向かいなさい」

このようなスタンスが必須です。

また

「結婚」とは一種の契約だ、
ということはご存知だと思います。

結婚することによって

個人情報
お金のこと
財産(自宅なども)のことなど

あなたと夫が
多くの重要な情報を
共有することになりますよね。

これは

お互いの信用があって
成り立つわけですから
お互いを裏切るような真似はやってはいけません、

つまり「契約」があります。

結婚当初はそんな感覚はないと思いますけどね
(^_^;)

それでは
例えば

A株式会社と B株式会社の間で
なんらかの契約をしていたとしましょう。

しかし

B株式会社が不祥事を起こしてしまったとします。

その場合

不祥事を起こしたB株式会社の方から一方的に

「契約を破棄したい」
「違約金も払えない」

と言ってきたとします。

あなたはそれをどう思いますか?

「それはないんじゃないの?」
「常識ないよね」
「普通はAの方から断るんじゃないの?」

誰しもこう思うはずです。

不倫バカ夫がやっていることは
これと同じことです。

「俺を自由にしてくれ」

こんな失礼なことを
あなたに向かって堂々と言って

契約を一方的に破棄しようとしているバカ夫には

タイミングを見計らって
しっかりと喝を入れましょう。

コメント